マンションでは淡い色と小さな柄を使った家具を配置する

マンションの部屋の多くは初めから、白い壁やベージュなどの白めの壁がありますよね?ですが、多くの方は、壁が白いと面白くないから赤や黒などの家具を購入して、部屋全体をモノトーンな雰囲気やカラフルな印象にする方もいます。
これはこれで良いのですが、部屋の広さを考えると壁と家具の色味を統一した方が部屋全体が広く感じます。
なぜならば、白色はファッションでは膨張色と言われることがあり、家具も同じです。
だから、マンションの壁などは初めから白色に配色されていることが多いのです。
この原理を活かすために、家具も白に近い色、もしくはどうしても色を入れたいのであれば、小物(スタンドライトや花瓶など、目線を遮らないものがオススメです)を置くのが良いでしょう。
もしあなたが、マンションの部屋に置く家具をどんな配色にするか悩んでいたら、是非、白や淡い色のトーンの家具を購入することで部屋を広く見せることができます。
ただ、汚れが目立つのがデメリットになるためこまめな掃除を心掛けましょう。