診療放射線技師を目指すには

医者のようでもあり、科学者のようでもあり、機械技師のようでもある……そんな診療放射線技師は、たくさんの人間を救うきっかけを作り出すとても魅力的なお仕事といえます。
ただ、目指すとなるとそれなりの関門を突破しなければならず、はっきりいってその難易度は高いといえます。
ただ、この国家資格は医者や看護師などの医療系の職種よりは、その門戸を広く開いています。
大学、高校、専門学校のいずれかを卒業することで受験資格が与えられ、合格すれば晴れて病院などへの就職が可能になります。
病院「など」というのは、その就職先が病院に限らず、○○メディカルのようなX線やMRI装置の開発企業になることもあるからです。
とはいえ、ほとんどの人が中~大規模の病院に就職します。
その理由はその方が安定しているということもありますが、やはり人を救うという行為に最も近づけるのが病院だからといえるでしょう。
人の為になることが好き、機械が好きという方はぜひ診療放射線技師を目指してみてはいかがでしょうか。